准看護師ナビ - 資格取得の流れから気になる給料までTOP >ステップアップについて > 通信で看護師になるには?

通信で看護師になるには?

 

准看護師においての制度改正で一番良かったことと言えば、「通信教育を受けることで看護師への道が開けるようになった」ということでしょうか。

 

昔は、准看護師から看護師になろうと思ったら、実務経験だけでなく「必ずまた学校に通って2年は看護を学ばないといけない」という縛りがありましたよね。

実際のところ、准看護師として働きながら学校にも通うというのはとても難しく、このハードルが高すぎて看護師へのステップアップをあきらめる准看護師も多かったんです。

 

しかし、平成16年に「准看護師2年課程(通信制)」というものが始まったことで、キャリアの長い准看護師であれば、今までよりも軽い負担で看護師へのステップアップが可能になりました。

 

その准看護師2年課程(通信制)とはどんなものかというと、「准看護師としての実務経験が10年以上ある人なら、通信制の学校で通信教育を2年以上受けて看護を学べば、看護師の国家資格試験を受験できるようになる」というものです。

 

ですが、普通に看護師になるための学校進学をする場合なら、准看護師の実務経験は3年以上あればOKなんですが、通信教育だとなぜ10年以上もの長い実務経験が必要なのか気になりますよね。

 

それはやはり、「実習ができるかできないか」の差が大きいと思います。

 

通信教育ではどうしても実際に学校に通うのと比べて実習面が弱いため、その分「医療の現場で長い経験があることにより、実習面での不足をカバーする」という事なんでしょう。

 

なので、年数的には遠回りになってしまいますが、それでもこの通信制があるのとないのとでは全然違うと思いますね。

 

ベテラン准看護士の方は、通信で看護師へのステップアップを検討してみてはいかがでしょうか。

 

ステップアップについて記事一覧

ステップアップ資格について

准看護師からのステップアップとしてもっとも多いパターンと言えば、やはり「看護師へのステップアップ」でしょうか。今だけでなく、将来的にもずっと看護の仕事に携わりたいと考えると...

ケアマネージャーになるには?

准看護師からのステップアップ資格は、看護師だけではないですよ。ケアマネージャー(介護支援専門員)へのステップアップだって可能なんです。ケアマネージャーのおもな仕事は...

通信で看護師になるには?

准看護師においての制度改正で一番良かったことと言えば、「通信教育を受けることで看護師への道が開けるようになった」ということでしょうか。昔は、准看護師から看護師になろうと思っ...