准看護師ナビ - 資格取得の流れから気になる給料までTOP >ステップアップについて > ステップアップ資格について

ステップアップ資格について

 

准看護師からのステップアップとしてもっとも多いパターンと言えば、やはり「看護師へのステップアップ」でしょうか。

 

今だけでなく、将来的にもずっと看護の仕事に携わりたいと考えるとなると、就職先の多さや待遇面でも有利な看護師になった方が良さそう、と思うのは自然なことですからね。

その准看護師から看護師にステップアップするためのコースとしてもっとも代表的なのは、「准看護師として3年以上働き、その後2年制の「看護専修学校」で学ぶというものです。

 

このコースは、准看護師から看護師へのステップアップとしては最短コースですが、「准看護師としてブランクなく働きながら看護師資格をとる」というのには、ちょっと時間的にもキツい部分があるかもしれませんね。

 

なので、ずっと准看護師としてブランクなく働き続けながら看護師にステップアップしたいという人は、「准看護師として10年以上働き、通信制の学校で通信教育を2年以上受ける」というのがお勧めになります。

 

これは、見ての通りかなりの准看護師経験年数が必要なので、看護師にステップアップできるのは遅くなってしまいますが、通信制ということで仕事との両立がやりやすいのがメリットですね。

 

もちろんどちらのコースも、看護師になるためには資格試験に合格することが必須なのは言うまでもありませんよ。

 

そして、看護師にステップアップできたあとは、「助産師学校に1年通って助産師にステップアップ」「保健師学校に1年通って保健師にステップアップ」など、さらに活躍の場を広げることも可能となっています。

 

ステップアップについて記事一覧

ステップアップ資格について

准看護師からのステップアップとしてもっとも多いパターンと言えば、やはり「看護師へのステップアップ」でしょうか。今だけでなく、将来的にもずっと看護の仕事に携わりたいと考えると...

ケアマネージャーになるには?

准看護師からのステップアップ資格は、看護師だけではないですよ。ケアマネージャー(介護支援専門員)へのステップアップだって可能なんです。ケアマネージャーのおもな仕事は...

通信で看護師になるには?

准看護師においての制度改正で一番良かったことと言えば、「通信教育を受けることで看護師への道が開けるようになった」ということでしょうか。昔は、准看護師から看護師になろうと思っ...