准看護師ナビ - 資格取得の流れから気になる給料までTOP >気になる求人と給料 > 給料・年収について

給料・年収について

 

准看護師は、仕事内容は看護師とほとんど変わりませんが、給料・年収といった「お金の面」では、看護師と比べるとずいぶん差があります。

 

気になる看護師の年収は、ここ数年はだいたい400万円前後で安定していますね。

これに対して看護師の平均年収は、だいたい450~470万円ぐらいで推移しているので、結構な差があるのが分かります。

 

給料についても、准看護師は看護師よりも3~6万円ぐらい安いという感じです。

 

仕事内容はほとんど同じなのに、これだけの差があるというのは正直言ってちょっと厳しいなと思いますよね。

 

ですが、准看護師が低収入というわけではないんですよ。

 

なぜなら、女性の平均年収よりはかなり高いからです。

 

一例をあげると、平成21年の女性の平均年収は263万円というデータが出ているので、これと比べると准看護師の400万前後、というのはなかなかいい線いってますよね。

 

それより高い看護師と比べてしまうから、どうしても年収の低さが気になってしまいますが、全体から見れば悪い待遇ではないと思いますね。

 

とは言っても、准看護師と看護師の給料の差は、いくらキャリアを積んでも埋まらないというのもまた事実です。

 

長く続ければ続けるほど、この差の「埋まらなさ」はどうしても気になってくるのは仕方のない事ですね。

 

なので、まずは看護師よりも短期間で取得できる准看護師の資格を取って、「看護の仕事が自分に向いているかどうか」を自分の身で確かめてみましょう。

 

それで、ずっと続けていきたいと思えるようになったら、将来的には看護師へのキャリアアップを考えてみるというのもいいかもしれませんね。