准看護師ナビ - 資格取得の流れから気になる給料までTOP >学校について > 養成施設について

養成施設について

 

准看護師養成施設とは、その名のとおり准看護師を養成するための勉強や実習などをする施設のことです。

 

こうした施設できちんと2年間看護について学ばないと、准看護師試験の受験資格は得られません。

さて、この准看護師養成施設は、昭和40年代は施設数が750以上あり、入学定員もピーク時の昭和49年では33,948人にもなりました。

 

ですが、今では看護の資格と言えば看護師の方が主流になってきているために、受け入れ先は年々減少してきています。

 

平成19年の准看護師養成施設の施設数は278、そして入学定員も13,308人と、施設数・入学定員ともにピーク時の約3分の1になっていますね。

 

それでもまだまだ「数百」というレベルで養成施設があるわけなので、准看護師は今もまだ必要とされていると思いますね。

 

准看護師養成施設と言えば、大きな病院などが将来的な人材確保を主目的として設立しているケースが多いですね。

 

病院付属の施設なので、「入学の条件としてその病院での勤務を義務化しているところも多いです。

 

こういう養成施設では、朝や夜に病院勤務、そして昼間に養成施設で勉強といった感じになります。

 

そのように学ぶと、医療の現場にたずさわりながら学べるというのは身につきやすいですが、その分ハードでもありますね。

 

また、准看護師養成施設と言うと、ちょっと私たちがあまり見聞きしないところでは、自衛隊も准看護師養成施設を持っているんですよ。

 

自衛隊の業務の中でも「衛生看護」というのは必要ですからね。

 

ちなみに、陸上自衛隊の場合は札幌・仙台・富士・阪神・福岡・熊本・別府の各自衛隊病院で、海上自衛隊の場合は横須賀准看護学院で、そして航空自衛隊の場合は、自衛隊岐阜病院で、それぞれ准看護師の養成をおこなっています。

 

学校について記事一覧

夜間・定時制の学校について

准看護師を目指す為には、ごく一般的な全日制の准看護師養成学校などに入学して、そこでしっかりと看護を学ぶのが一番です。しかし、「どうしても働きながらの資格取得でないと金銭的に...

学校の奨学金について

准看護師を目指したいけど、准看護師学校の学費がどうしても負担になる…という人は、その准看護師学校が設けている奨学金を利用するのがお勧めですよ。病院に付属している准看護師学校...

養成施設について

准看護師養成施設とは、その名のとおり准看護師を養成するための勉強や実習などをする施設のことです。こうした施設できちんと2年間看護について学ばないと、准看護師試験の受験資格は...

通学支援制度について

准看護師を目指したいけど学費を支払うのが厳しいという人は、「通学支援制度」がある病院を探してみてはいかがでしょうか。この通学支援制度とはどういうものかというと、「准看護師学...