准看護師ナビ - 資格取得の流れから気になる給料までTOP >基礎知識 > 廃止問題について

廃止問題について

 

准看護師を目指そうとする人が、一度は目にしたり耳にしたりするのが、「准看護師制度はそのうち廃止されるよ」という話ですね。

 

そこで、ここではどうしてそんなことが言われているのかについて、詳しく解説していきたいと思います。

もともと准看護師というのは、戦後の混乱期に「感染病が大流行しているのに医師や看護師の数が足りない」という事がきっかけです。

 

学歴についても資格取得までの期間についても、看護師よりも取りやすい看護の資格を作ろうということで、准看護師という資格が生まれました。

 

戦後しばらくは、高校進学率だって5割もいってなかったわけなので、この准看護師制度によって「今まで学歴的に看護師を目指すのが無理だった人も看護職を目指せる」というようになったわけですね。

 

こんな形で、当時は准看護師の必要性がすごく高かったんですが、今はまず「ほとんどの人が高卒以上の学歴を持っている」という時代になりました。

 

そしてさらに、不景気の影響もあってか、安定性がある看護師の資格を目指す人も増えたので、「准看護師がいなければ手が回らない」という状態も全体的には減りつつあるようです。

 

そんな事から、准看護師という制度をわざわざ残す必要もないだろうということで、廃止論が叫ばれているんですね。

 

しかし、その反面で医師会は准看護師廃止に反対し続けています。

 

なぜなら、准看護師は「人件費を抑えられる」というメリットがあるからです。

 

採算ギリギリでがんばっている診療所などからすれば、「准看護師がいなくなって全員看護師になったら、人件費がはねあがって経営が苦しくなる」なんてケースも出てくるわけです。

 

そんなわけで、実は准看護師の廃止はかなり以前から言われつつも、今のところそれが実現するという情報もありません。

 

今もまだ看護職の4割程度を准看護師が占めているし、廃止といっても簡単にはできないと思います。

 

個人的には、まだしばらくは大丈夫じゃないかなと思いますね。

 

基礎知識記事一覧

看護師との違い

准看護師と看護師の違いは、まずそれぞれの職業の意味としては「アシスタンス・ナース」というナースのアシストをする存在であるか、それともナースそのものかという違いになります。も...

仕事内容について

准看護師の仕事内容は、「保健師助産師看護師法」という法律上では次のように定められています。第5条―この法律において「看護師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくは...

廃止問題について

准看護師を目指そうとする人が、一度は目にしたり耳にしたりするのが、「准看護師制度はそのうち廃止されるよ」という話ですね。そこで、ここではどうしてそんなことが言われているのか...

准看護師問題とは?

准看護師問題とは、一言で言うと「看護職が看護師に一本化されていない」という部分が大きいと思います。実際にこなす業務にはほとんど差がないのに、「待遇などの面で大きく差が出る2...